辛くて楽しいダークソウル3

去年の6月に購入したまましばらく放置していたダークソウル3ですが、やっと重い腰を上げてプレイ。といっても購入直後にもプレイしたのですが、その時は死にゲー熱があんまり高くなかったのか、2番目のボス「冷たい谷のボルド」初見時に瞬殺されて中断していました。今回は、SEKIROが発売されたこともあって、自分の中の死にゲー熱が高まっていたようで、さっくりと2周できました。

プレイした印象

ダークソウルシリーズはすべて周回してきましたが、ダークソウル3は全体的に完成度が高い印象でした。2は操作感に賛否両論ありましたが3はプレイしていて特に違和感もなく、ステージもただストレスだけが溜まるようなものはなかったように思います。

自分のプレイスタイルとしては、初見のステージは遠巻きから弓でチマチマ攻撃したり、レベルもしっかりあげて進めるチキン戦法。なので2周目終了時にはレベルは200近くまで上がってしまいました。

最終的なステータスはこんな感じ。

装備はこんな感じ。

途中まではブロードソードを使ってましたが、2周目中盤から火力が足りなくなって亡者狩りの大剣にチェンジ。その後、双剣も使ってみましたが慣れると火力がすごいですね。

チャンバラ系ボスが楽しい

基本的には死んで攻略法を覚えるので「心が折れそうだ…」なダークソウルですが、今回は戦っていて楽しいボスが多かったと思います。個人的に面白かったのは、王子ロスリック、無名の王、王たちの化身、DLCの奴隷騎士ゲール。自分は、剣を避けたり受けたりしながら戦うボスが好きなようで、これらのボスは戦っている瞬間も倒した時も脳汁の出方が他のボスと比べて激しかった気がします。一番好きなのは奴隷騎士ゲールかな。

最終的な感想

フィリアノール超かわいい。